日本と世界が抱える24の環境問題をチェックする >

【2019】日本は33位!世界で一番ゴミを出している国ランキングワースト10(一人あたり)

環境問題

OECD(経済協力開発機構)が最新の都市廃棄物(自治体で回収される家庭ゴミ、粗大ごみ)の1人当たり排出量をまとめた結果が発表されました。(2019年最新)

 

気になる日本はというと、日本は世界で33番目にあたる338kg/年。

 

この338kgのゴミの量が多いと感じるか、少ないと感じるかは、それぞれ個人差があると思いますが、ワーストTOP10にはノルウェーやニュージーランド、スイスなど環境先進国と呼ばれる国もあったので、驚くべき結果となりました。

 

33位:日本(338kg)

OECDに参加している36カ国の中で33番目にゴミの排出量が少ないことになりました。

 

日本はスーパーで野菜が個別のビニール袋に包装されていたり、ビスケットやチョコレートなどのお菓子も個別に1つ1つ包装されたりと過剰包装で話題になりますが、世界的にみれば少ない量であることに驚きです。

 

それでは、海外ワースト10をみて、それぞれどんな事情を抱えているのかみていきましょう。

 

ワースト10位:アイルランド(585kg)

アイルランドでゴミの分別がされるようになったのは、2000年になってからで、現在ではゴミの回収は、業者との個人契約になっている稀な国です。

 

2006年にはワースト1位という不名誉な記録を残していますが、ここ10年で劇的に改善されてきており、リサイクル率34%という高水準を保っています。

 

ワースト9位:ルクセンブルク(620kg)

ルクセンブルクは人口60万人ほどで環境産業とエコツーリズムに力を入れている国です。

 

ルクセンブルクは1998年からリサイクル政策を開始し、現在では各家庭に分別用のゴミ箱が配られています。

 

ゴミを収集する専門の会社は、専用のゴミ箱(ゴミ袋)を用意したり、VAlorluxという専門のリサイクル会社にゴミを寄付する必要があります。

 

また、お店で無料でゴミ袋を手に入れることができるのはとても魅力的ですが、分別を厳密にしないといけないという責任もあります。

 

ただリサイクル率27.7%という高水準をたもっています。

 

ワースト8位:ドイツ(637kg)

ドイツは世界で3番目にリサイクル率(リサイクル率49%)が高い世界的にも環境先進国として評判が高い国です。

 

637kgのうち、半分がリサイクルされている計算になります。

 

しかし、世界で8番目に1人当たりのゴミの量が多いという事実には驚く人もおおいことでしょう。

 

リサイクル(資源ごみ)として捉えられている分、ゴミの量も多くなっているのかもしれません。

 

ワースト7位:イスラエル(653kg)

中東で1人当たりのゴミ排出量が1番多いのがイスラエルになります。

 

イスラエルは、日本以上にIT先進国であることでも知られており、「グーグル」、「マイクロソフト」、「インテル」などの企業が研究室を設置しています。

 

IT化が進みデジタル化が進んだ国でもゴミは多く出ているので、どんな事情があるでしょうか。

 

リサイクル率も7.24%と低く、同じ中東のトルコよりもゴミの量は40%少ない423kgです。

 

ワースト6位:アイスランド(661kg)

「アイスランドの空気は世界で1番キレイ!」と言われるほど、自然がキレイな印象が強い国です。

 

しかし、驚くべきことにゴミの量は年々増加しており、しかも数年前までゴミの分別がほとんどされていないという問題も抱えていました。

 

現在では、観光がメインの産業にもなっており、観光者の増加によるゴミの増加も新しい問題となっています。

 

それでもリサイクル率25.5%と他のヨーロッパ諸国に、追いついてきています。

 

ワースト5位:スイス(707kg)

スイスも自然が豊かな国で、ゴミが少ないイメージの強い国ですが、世界ワースト5位です。

 

ただし、環境問題の意識は高くリサイクル率30.8%を誇るリサイクル大国でもあります。

 

今後、どのようにしてゴミを減らしていくのかが、課題となりそうです。

 

ワースト4位:ニュージーランド(740kg)

ニュージーランドは人口400万人というとても小さな国ですが、日本人の2倍の量のゴミを排出しています。

 

ただし、ニュージーランド最大の都市オークランドでは、「ゼロ・ウェイスト(ごみゼロ)な街を目指す」計画を2018年に環境地域員会が発表しました。

 

まずは、生ゴミを肥料としてつかえるように、オークランド全域の家庭に専用のゴミ箱を配布していくとのことです。

 

ワースト3位:アメリカ(744kg)

アメリカは国単位で見た場合は、ゴミの排出量が世界1位ですが、人口が3億2千万人もいるので、1人あたりの量が少なくなっています。

 

それでも日本人のほぼ2倍のゴミを捨てているわけですから、大量生産・大量消費社会の見本のような国であることに間違いありません。

 

リサイクル率は25.8%と意外に高水準です。

 

ワースト2位:ノルウェー(744kg)

ノルウェーのゴミ事情は、他の国と大きくことなります。

 

それは、ゴミを燃やすことで発電の50%をまかなっているからです。

 

しかもノルウェーだけでは、燃やすゴミが足らないことから、イギリス、アイルランドなどからゴミを輸入してまで、ゴミの量を増やしています。

 

リサイクル率は28.8%で、216kgのゴミ(1人当たり)がリサイクルされています。

 

ワースト1位:デンマーク(785kg)

デンマークはリサイクル率が27.2%で、ヨーロッパで11番目に高い水準の国です。

 

しかし、残念ながらゴミの排出量が世界1位という不名誉な結果になってしまいました。

 

日本人の倍のゴミを捨てているということで、私生活でゴミを捨てる習慣が根強いのかもしれません。

 

なぜ、こんなにゴミを捨てるのか理由は明らかになっていませんが、調べたら面白い結果が出てきそうですね。

 

こちらが2019年の時点で発表されている最新のランキングです。

資料:GLOBAL NOTE 出典:OECD

※アメリカ、オーストラリアのデータは2015年に基づく
※日本、アイスランド、アイスランドのデータは2016年に基づく
※中国、ロシア、メキシコを除く

 

まとめ「リサイクル率が高くても、ごみ排出量が多いという問題も…」

今回OECDが発表した1人当たりのごみ排出量ですが、プラスチックスの回収率が高いノルウェーや環境先進国として有名なデンマークがワースト1位であったことは驚くべきことでした。

 

ただし、一方でイスラエルを除いてはリサイクル率が世界TOP20に含まれる国でもありました。

 

リサイクル率が高い国ほどゴミに対しての意識や抵抗が低くゴミの量が多くなるのかもしれませんね。

 

日本は過剰包装で騒がれることが多いですが、これは逆にゴミ削減の意識が高いからと言えるかもしれません。

 

ただ、日本のゴミ問題(最終埋立地)は本当に深刻な問題です。

 

『なぜ、20年後の日本ではゴミが捨てられなくなるの?』>

日本と世界が抱える24の環境問題とは?
環境問題が深刻であることに気がついている人が少ないのが、1番大きな問題です。21世紀には新しい環境問題が明らかになってきました。
環境問題
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
22世紀を生きる君へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました