【広告】理想と現実のギャップが知らずのうちに開いてしまう理由>

どれだけ人口が減る?予想される新型コロナウィルスの死亡者数は戦争よりも多くなるのか…

新型コロナウィルス_死者数_生存者数人口問題

2009年の段階で「次に世界的なパンデミックが起きたら、日本では3200万人が感染し、17~64万人の死者が出ると国は予想している」とNHKでは紹介されていました。

※この記事を読む前の注意点を開く>

そして、これから紹介するオーストラリア国立大学の研究チームによると、世界全体では最低でも第一次世界大戦ほどの犠牲者が出て、最悪のケースだと第二次世界大戦に匹敵するほどの死者が出るだろうと予想されています。

 

具体的な数値や終息が予測される時期についても記事の中で紹介します。

 

【2019】世界人口ランキング日本は10位『2018年から1%超の増加で』で2050年には…>>

 

まずは、過去100年に起きた世界的なパンデミックを知り、新型コロナウィルスがどれくらいの被害をもたらすのか比較できるようにしてください。

 

過去の歴史的パンデミックは、どのくらい人口を減らした?

新型コロナウィルス_死亡者数_予想_予測

世界的なパンデミックは過去100年で3回起きています。

いずれのパンデミックも終わるまでに2年という月日がかかっていることにも注目してみましょう。

 

【1918~1919年】スペイン風邪(インフルエンザ・パンデミック)

世界人口の1/3(約5億人が感染し当時の世界人口は18億人近く)が感染し4000万~1億人が死亡したと言われています。

 

ただし、1918年は第一次世界大戦中だったので、詳しい死亡者数についてはわかってないもののウイルスによる死亡者は最大で1億人だったという説があります。

 

スペイン風邪による日本での影響はというと、当時の人口5500万人のうち39万人(人口の8%)が死亡したと言われています。

パンデミック_世界人口_減少

また、スペイン風の特徴は新型コロナウィルスとは違い、老人よりも青年層の死者が多かったという報告がされています。

 

それと、勘違いしがちですがスペイン風邪という名称からスペイン発症だと思っている人が多いことです。

わかっている限りではスペイン風邪の発症はアメリカが発生源だったという説が有力であり、スペインで発症したというわけではありません。

 

【1957~1958】アジア風邪(アジア・インフルエンザ・パンデミック)

アジア風邪は中国の貴州省・雲南省発のインフルエンザパンデミックです。

 

このアジア風邪により全世界で100万人もの人がなくなりました。

日本では300万人程度が感染し死亡者数は5700人程度。

 

そして、スペイン風邪と比べると圧倒的に少ないですが、死亡した多くが子供と高齢者だったということで、今回のコロナウィルスと被る点があります。

 

しかし、それでもアジア風邪が終息するまでには2年もの年月がかかったということで今回の新型コロナウィルスも2年くらいかかることが予想されています。

 

【1968~1970】香港風邪(ホンコン・インフルエンザ・パンデミック)

香港風邪は1968年6月に香港発となったインフルエンザパンデミックです。

 

全世界では75万人が死亡したと言われており、アジア風邪よりも少なくなっています。

 

その1ヶ月後には日本にもインフルエンザウィルスが広まっており日本国内では約13万人が感染し死者は985名となりました。

 

スペイン風邪、アジア風邪に比べて被害は少なかったそうですが、香港風邪の第二波が1969〜1970年にやってきて、第二波の方が被害が多かったそうです。

 

こう考えると、新型コロナウィルス は一度収束したと見えても再拡大して期間が長引くことも考えられます。

 

そして、終息するまでは他のパンデミック同様に3年ほどかかるのではないかと予想もできます。

 

新型コロナウィルスの致死率はインフルエンザ以下なのに?

新型コロナウィルス_危険性

2020年3月27日現在、日本での新型コロナウィルスの感染者数は1349人、死亡者数は46名であり致死率は3%です。

 

3%と聞く高く感じますが、死亡者の99%が70歳以上、そしてそのうちの56%が80歳以上。

 

1名50代の方が亡くなっていますが、50歳未満の死亡者は日本では確認されていません。

 

また、日本ではPCRテストが行われていないため数字が高くなっています。実際の感染者は100倍いると考えられており、実際は0.03%くらいという見積もりもされています。

 

ちなみに死亡者数を類似の病気で比較(1年間)すると

  • インフルエンザ:1万人
  • 肺炎11万人
  • 新型コロナウィルス:46人

とコロナウィルスの死亡者はとても少ないことがわかります。

 

単純にインフルエンザでも毎月1000人、肺炎なら毎月1万人が死んでいる計算になりますので、コロナウィルスの死亡数は少ないです。

 

知っておきたい歴史的に人口が激減する3つの要因

世界人口_減少_原因

このサイトを多くの方がコロナウィルスによってどれだけ人口が減るのかということを心配していると思います。

こちらの「暴力と不平等の人類史―戦争・革命・崩壊・疫病」においても疫病(ウィルス)は戦争と同じように人口を大幅に減らす内容を伝えています。

 

そして、特にウィルスは歴史を振り返ってみてもその中でも1番の原因となっています。

 

疫病・感染病・ウィルスのパンデミック

歴史的に見て1番死者数を出したのは20世紀の初めに流行したスペイン風邪で最大1億人が亡くなったと言われています。

 

20世紀に発生したスペイン風邪で5000~1億人(世界人口の2~5%)

近代になるにつれて人口が増えているので、死者数も多くなっています。

しかし、比率で言うと医療が発達していなかった昔はなんと世界人口の20%が死亡したという記録もあるのです。

16世紀に発生したインフルエンザでは2500万人(世界人口の5%)

14世紀に発生した黒死病では7500万人(世界人口の20%)

6世紀に発生したペスト菌で2500万人(世界人口の12%)

今回のコロナウィルスは、そこまで強くないということですが、オーストラリア国立大学の研究結果では最悪のケースで6800万人、軽くても1500万人が地球から消えることを予測されています。

 

戦争

戦争はウイルスの次に多くの人が亡くなっている原因です。

ちなみに、第一次世界大戦と第二次世界大戦の死亡者数は以下の通り。

第一次世界大戦で1600万人(世界人口の8%)

第二次世界大戦で8000万人(世界人口の3~4%)

つまり、今回のコロナウィルスは、最低でも第二次世界大戦と同じくらいの人が消え、最悪の場合は第二次世界大戦に匹敵するほどの死亡者数が出るということです。

 

現在の新型コロナウィルスが海外では”静かなる戦争”と言われているのも納得がいきます。

 

飢饉

最後に、今回の新型コロナウィルスによる飢饉は起きないことを願っていますが紹介します。

飢饉は自然災害によってもたらされると思っていましたが、調べてみると人災的な要素が多いことがわかります。

もちろん自然災害の要素もありますが偏った品種の栽培、農地改革の失敗によりもたらされています。

 

天明の大飢饉

日本で起きた最大の飢饉と言われているのが18世紀の江戸時代に起きた天明の大飢饉です。

この天明の大飢饉により、100万人近くが死亡したと言われています。(当時の日本の人口は3000万人ほど)

この天明の大飢饉が起きた原因は浅間山の噴火などによる壊滅的な農作滅の被害によるものから始まります。

一方で農地開拓により、洪水が頻繁に起きたり、気候にそぐわない作物を栽培する政策が取られていたことがさらに被害を大きくしました。

信じられないかもしれませんが、解体新書で知られる杉田玄白の記述によれば人肉が食べられていたというほど酷かったようです。

 

ジャガイモ飢饉

19世紀にアイルランドの20%が餓死もしくは病死をよんだ飢饉です。

イギリスの主食と知られているジャガイモですが、実は原産地は南米です。それまでのイギリスでは小麦粉が主な農産物でした。

しかし、じゃがいもの方が非常に生産性に優れていたため小麦粉以上にじゃがいもが多く栽培られるようになるとイギリス人の主食としてじゃがいもが普及していきました。

ジャガイモ飢饉が起きた理由としては、 ジャガイモ疫病と言う病原菌が流行りジャガイモの生産量が激減、さらに政策の失敗などが重なり大飢饉とらり100万人以上が餓死したと言われています。

 

大躍進政策による大飢饉

20世紀に行われた毛沢東の政策「大躍進政策」がもたらした大飢饉では2000~5000万人が死亡したと言われています。

この大飢饉の原因は、政策により農産物の生産量を爆発的に上げるためのものでしたが、間違ってしまい逆に農産物の生産量が壊滅的に減ってしまった人災でした。

 

ベンガル大飢饉

ベンガル大飢饉は19~20世紀にイギリスの植民地となっていたインドで起きた死者数5000万人を超える大飢饉です。

結論から言うと当時のイギリス政府の政策により、今まで小麦などの食料を作っていた農地を綿花やケシなどを栽培するようにしたからです。

その結果インド国内での食料がなくなり100年ものあいだ、インドを飢饉で苦しめるということになった悲劇です。

※もしものために東京がパニックになった時の注意点を開く>

まとめ

もし、わたし達が協力をして新型コロナウィルスを克服できない場合、最悪のケースで言うと第二次世界大戦と同じような人的被害が起こる可能性が指摘されています。

 

ですので、コロナウィルス収束に向けて予防すること、そしてすでに感染しているため他人に移す可能性も考慮した行動が求められます。

 

また、新型コロナウィルスの感染者の80%の症状は軽いと言われています。ただし、健康だった10代の子供の死亡も最近になり報告されています。

ですので、免疫を高めると同時にできるだけ、感染しないように、または感染させないように取り組む必要があるでしょう。

世界全体で乗り越えていく必要が求められています。

 

暴力と不平等の人類史―戦争・革命・崩壊・疫病
https://amzn.to/3dAdjSS
Coronavirus: Australian experts predict $2.4 trillion global GDP loss – Business Insider
https://www.businessinsider.com/coronavirus-death-toll-global-gdp-loss-australian-national-university-study-2020-3
Coronavirus is highly uncertain and global costs could be high
https://anu.prezly.com/coronavirus-is-highly-uncertain-and-the-costs-could-be-high?utm_source=email&utm_medium=campaign&utm_id=campaign_Ejmb_lbzJ.contact_RBhn_lDAN&asset_type=attachment&asset_id=171409#attachment-171409
Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) at Johns Hopkins University (JHU)
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6
「新型インフルエンザから10年 いまパンデミックが起きたら」(くらし☆解説) | くらし☆解説 | 解説アーカイブス | NHK 解説委員室
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/319587.html
パンデミック – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF#%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%9A%84%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E5%B9%B4%E8%A1%A8
世界人口 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%BA%BA%E5%8F%A3
コロナ怖い怖いの人のために、コロナなんてたいしたことないのエビデンスを集めました – More Access! More Fun
https://www.landerblue.co.jp/49449/
厚生労働省:死因順位(第5位まで)別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth8.html
大躍進政策 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%BA%8D%E9%80%B2%E6%94%BF%E7%AD%96
飢饉 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%A2%E9%A5%89
江戸時代の日本の人口統計 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%B5%B1%E8%A8%88
日本と世界が抱える25の環境問題とは?
環境問題が深刻であることに気がついている人が少ないのが、1番大きな問題です。21世紀には新しい環境問題が明らかになってきました。
人口問題
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
22世紀を生きる君へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました